三味線喫茶【竹よし】|三国の観光・旅行・きたまえ通り沿いの三味線カフェ

「三味線茶房 竹よし」

三味線を聞きながらお抹茶を楽しむお店
三国町へのご旅行・観光の際はきたまえ通り、竹よしに是非お越しくださいませ。北前船で栄えた三國湊その時代、花街から聞こえる粋な三味の音色、江戸小唄や三國節そんな風情に浸って楽しめるお店です。

三味線の音色に乗せて、三国を「知る」「楽しむ」喫茶・抹茶カフェ

江戸小唄とお抹茶の粋な時間

三国町は、北陸でも有数の観光地です。三国温泉、東尋坊、あわら温泉、松島水族館や芝政(しばまさ)など、季節を問わず沢山の観光客が訪れます。その中でも北前舟で栄えた三国町きたまえ通りは近年話題の観光地になっています。旧森田銀行や、昔の街並みが残るきたまえ通りにある古民家・古材を利用した京風町屋の「竹よし」は、三国の文化に触れ、花街を感じられる三味線の演奏、江戸小唄、抹茶を楽しめる、エンターテイメント茶房です。

浅田舞さんご来店の様子

メディア情報

お陰さまで竹よしでは福井の観光地として様々なメディアにて取り上げていただております。三味線を通じてたくさんの方に出会い、福井、そして三国をもっと盛り上げていきたい所存です。東尋坊や、越前がにを食べに福井に観光に来られた際は是非お立ち寄りくださいませ。(写真は浅田舞さんがご来店された際の写真です。詳しくはこちら)

edonokoiha

「お品書き-menu-」

当店でご提供させていただいているお品書きです。

三味線体験

三味線体験

初心者に解りやすく教えます
師匠と一緒に合唱 いい思い出にして下さい。

  • 20分 ¥1000
  • 30分 ¥1500
竹世志会

三味線教室

お稽古について
週一回 月四回
お稽古内容
  • 三味線
  • 長唄
  • 端唄
  • 小唄
  • 民謡
教室
  • 【三国教室】 三国町北前通り 竹よし
  • 【福井教室】 福井市日光
  • 【福井教室】 福井市二宮
教室についてのお問い合わせ
☎️ 0776-82-0120
芳村竹世志
芳村竹世志

芳村竹世志 (本名 長沼 慶江)について

芸歴55年、故 人間国宝 七代目 芳村伊十郎に芸名「芳村竹世志」を頂き、故 市丸師匠に江戸小唄を習い習得する。そして現在、三国・あわら市・福井市に三味線のお稽古場を持ち、伝統芸能、三味線、長唄、江戸小唄を後世に伝える為、竹世志会員と共に活動しています。
「竹よし」ではお抹茶を頂きながら三味線を楽しみ、そして三国文化に触れられると話題になり、テレビ、雑誌等、様々なメディアに掲載され注目を集め三国の新名所として地元のみならず、観光客からも好評を得ている。

ご予約・その他お問合せ

当店の座席数には限りがあるため、時間帯・曜日によっては満席になりお入りいただけない場合がございます。当店へ起こしいただく際には事前にご予約くださいますと、確実にご案内させていただけます。また、団体様のご予約も受け付けておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。 ただいま、お電話でのご予約のみとなっております。 お客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご予約の際は当店へお電話いただきますよう何卒よろしくお願い致します。
0776-82-0120

アクセス

竹よし所在地

〒913-0046 三国町北本町4丁目4−22 北前通り

竹よし外観
  • 三味線茶房・竹よし
  • 電話:0776-82-0120
  • 携帯:090-4686-8108
  • mail:edokouta@takeyoshi.com
  • 住所:〒913-0046 福井県坂井市三国町北本町4丁目4−22(きたまえ通り沿い)

お車でお越しの方「無料駐車場」ございます

三国町商工会館から徒歩1分50秒、きたまえ通り、三国港座前に「竹よし」がございます。

無料駐車場住所
坂井市三国町北本町3-2-12

三国のイベント・観光地

三国町には沢山の見て・食べて・体験して、楽しいお店や名所が沢山ございます。
ここではその一部でございますがご紹介させていただきますので、旅行の際のご参考にしてください。

越前カニ

冬の味覚の王者、越前がに。雄をズワイ、雌をセイコと呼びます。沖合いに生息しています。越前の漁師たちは底引き網で漁獲し、冷凍せずに捕れたままの状態で持ち帰り、市場で競りにかけ、福井・金沢はもとより大阪方面などへも出荷されます。味は極めて美味で茹で上げて二杯酢にして賞味するのがポピュラーですが「洗い」「焼がに」「かにすき」「かに飯」「甲羅焼き」などいろいろな料理方法があります。冬の間、関西地方などから、かにを食しに、三国~越前海岸に訪れる人も多いです。

三国祭り

巨大な武者人形山車が町内を練り歩く三国祭は、北陸3大祭りのひとつとしても有名です。5月20日の祭りの中日には、高さが5.5mにも及ぶ武者人形山車の行列があり、多くの観光客が訪れます。三国神社の周辺には昔なつかしい出し物小屋や露店、屋台がズラリ並び、港町三国の繁栄と心意気を今に伝えています。

東尋坊

東尋坊の見所は、何といっても波の浸食によって荒々しくカットされた、さまざまな岩肌。約1キロも続き、絶壁に日本海の荒波が打ち寄せるさまは、実に豪快。これほど巨大な輝石安山岩の柱状節理は、日本ではここ一ヶ所しかなく、地質学的にも貴重で、国の天然記念物にも指定されています。

越前松島水族館

「みて、ふれて、楽しく学べる」がテーマのおもしろい水族館。イルカショーやペンギンのお散歩が好評で、アザラシやサメ、巨大なタコなどにさわれたり、ウミガメや海の魚に餌をあげたりと楽しさいっぱい。夏期には魚と泳げるプールもあります。